お食い初め

お食い初め

お食い初めとは

食べることは、生きること。
健やかに育っていくために一生食べることには苦労しないようにと願いを込めて行うのがお食い初めです。
お食い初めの儀式は生後100日目に行います。 生後100日頃は乳歯がはえ始める時期でもあり、歯が生えるまで大きく育ったことへの喜びや、これからの健やかな成長の願いを込めてお祝いします。
お祝いをする時期が生後100日頃であることから、「百日祝い(ひゃくにちいわい)」とも呼ばれます。


お食い初めの準備

どこでお食い初めを行うかについては特に決まりはありません。料亭やレストランなどを予約してお食い初めを行うケースもありますが、一般的にはご自宅や両親のご実家で行います。
誰をお食い初めに招待するかについては祖父母や近い親戚などを招いておこなうのが一般的です。
ご招待した方の都合が合わない場合やご両親が忙しく時間が取れない場合はご両親と赤ちゃんのご家族のみでささやかなお祝いする場合もあります。
大事なのは赤ちゃんの健やかな成長を家族でお祝いすることにあるので、形式にこだわりすぎる必要はありません。
お食い初めをご自宅で行えば、お店と違い赤ちゃんの負担も少なく周りの気兼ねなく行えるほか天候や参加人数を気にする必要もありません。ぜひ美濃吉の百日祝い膳をご自宅にお取り寄せ頂いてお祝いください。


お食い初めの食器とメニューについて

食器には漆塗り(うるしぬり)の御膳と器を揃えます。男の子は御膳、器、内外共に朱塗り 、女の子は器の外は黒、中は朱塗りとなります。
メニューは穀物、海のもの、山のものを取り入れ、一汁三菜(ご飯、お汁、おかずが3種類)と尾頭(おかしら)付きの鯛を用意するのが一般的です。
ご飯には赤飯を、お汁は将来いいご縁に恵まれるように蛤(はまぐり)のお吸物、野菜の煮物と紅白なますを用意します。関西では香の物にしわがたくさん出来るくらいの長寿を願って梅干をおきます。


歯固め石

歯固め石

お食い初めでは、「赤ちゃんの歯が丈夫に育つように」との願いを込めて行われる歯固めという儀式があります。
この儀式には「歯固め石」と呼ばれる小石を用意することが必要で、お宮参りなどの時に、神社からお借りすることが慣例になっています。
儀式の際は歯がための石に箸先をつけ、その箸を赤ちゃんの歯茎にあて食べさせる真似をします。
関西地方では、お食い初めにたこを用いる習慣があり、歯固め石の代わりに祖父母や両親がそのたこを吸わせたり口や歯茎に少しつけたりします。タコを用いるのは「なかなか噛み切れないタコが噛みきれるくらい歯が丈夫になりますように」という理由があります。

その他のお子様のお祝いのご紹介

七五三

帯祝い

妊娠5か月目の戌の日に岩田帯を巻いて安産を祈願します。
ちょうど安定期に当たる頃で妊婦さんも安心できる時期。労をねぎらい無事な出産を祈ります。


お宮参り

赤ちゃんが初めて氏神様にお参りする行事で、生後30日目(男の子)か31日目(女の子)に行うのが一般的です。
その際、男の子は「大」、女の子は「小」と頭に赤字で書き、その成長を祈ります。


初節句

女の子なら最初の桃の節句(3月3日)、男の子は端午の節句(5月5日)になります。
桃の節句には、ちらし寿司にハマグリのお吸い物、端午の節句には柏餅に"ちまき"などを添え賑やかにお祝いします。


七五三

男の子は3歳・5歳、女の子は3歳・7歳になる年の11月15日にお参りし今後の加護を祈願します。
本来は数え年で行う子供の厄除け行事ですが今は満年齢で行うのが一般的です。


十三詣り

4月13日(旧暦3月13日)に行う、数え年13歳の男女の厄を払い知恵を授けていただく行事です。
昔の元服式の意味もあり、子供が大人に近づいたことを祝います。



お食い初めについてはこちらの記事も是非ご覧ください

関連商品一覧

並び替え
2件中 1-2件表示
並び替え
2件中 1-2件表示