京洛四季歴

節分と二月の歳時記について

新年が始まり半月が過ぎましたが、皆様良いお正月を過ごされましたでしょうか。今回は二月の歳時記、特に節分についてブログ担当者が集めた情報をもとにご紹介していきます。
※由来や起源については諸説ありますのでご了承ください

節分

二十四節気の一つ、立春の前日が節分です。これは中国の宮中行事である追儺(ついな)が起源とされ日本には平安時代に疫病や悪鬼を払う行事として定着しました。元々「節分」は季節の変わり目(立春、立夏、立秋、立冬)の年に4回ありましたが季節を分けるという意味から一年の初めに近い立春前日の「節分」のみが残されました。奈良時代初め、諸国に奇病が蔓延し、その弔いとして鬼やらい(悪鬼、疫病を払う)をしたのが始まりとされています。
豆を投げるのは、そもそも鬼を追い払うためではなく、神仏に対する供物の意味でした。
やがて各地の神社仏閣では大豆を炒った物をまき、鬼に扮した人に投げつけ追い払う行事となりました。

京都ならではの「節分祭」

四方参り(よもまいり)

鬼が現れるとされる吉田神社、伏見稲荷大社(八坂神社とも)、壬生寺、北野天満宮の4か所をお参りする風習が「四方参り」です。御所の鬼門と表鬼門を守る吉田神社(北東)の方角に鬼がいるとされ、八坂神社(南東)又は伏見稲荷大社、壬生寺(南西)、北野天満宮(北西)、と逃げ回ります。表門から入った悪鬼は北野天満宮の末社・福部社に閉じ込められたと伝えられています。 各地神社でも盛大な節分行事が行われます。

節分料理のいわれなど(※諸説あります)

  •  炒った大豆で鬼退治をします。大豆で鬼の目を打つことから「魔目」とも言われています。
  • いわし 鬼はいわしの臭いが大の苦手とのいわれから、鬼を払う意味として節分の夜にいわしを食べます。
  • やいかがし  「焼き嗅がし」の意味で焼いた鰯の頭を柊(ヒイラギ)の枝に刺し家の門や軒下に吊るす風習があります。トゲのあるヒイラギで鬼の目を刺し鰯の臭いで鬼を追い払う魔除けのおまじないです。
  • 恵方巻 恵方巻きを丸かぶりするときに向く方角、恵方(吉とされる方角)は、陰陽道の考え方に基づいています。その年の歳徳神がいる方角が恵方とされていて、一年ごとに変わります。食べ終わるまで何もしゃべらないのが決まりです。
  • 恵方巻きの具材 恵方巻きの具材は7種類入れるとよいとされていますが、 この「7」という数字は縁起のいい七福神に由来しているといわれています。 七福神とは、大黒天、毘沙門天、恵比寿天、寿老人、弁財天、福禄寿、布袋の福をもたらす七つの神様の総称です。
  • かんぴょう お寿司の巻物に欠かせないかんぴょうは、細く長い形から「長生きできるように」という願いが込められています。
  • 椎茸煮 椎茸は、古来より神様のお供え物とされていました。また。傘の形が陣笠に似ているため、身を守ってくれるという意味があります。
  • 伊達巻 伊達巻や卵焼きは、その黄色い色から、財の豊かさ、金運のげん担ぎとして使われます。
  • うなぎ(あなご) うなぎは古くから縁起のいい食べ物で「うなぎのぼり」という言葉からもわかるように、出世や上昇などの意味があります。又、うなぎの長い姿が長寿を表しているともいわれています。
  • 桜でんぶ 鯛などの白味魚をほぐし、鮮やかなピンク色に仕上げてある桜でんぶ。鯛は「めでたい」という言葉がかかった縁起物であり、ピンク色が華やかさを演出してくれます。
  • 海老 海老は、紅白の色と目玉が飛び出ていることから「めでたし」という語呂合わせに使われる縁起食材です。また、曲がった腰と、長いひげを持つため、健康長寿の象徴とされています。
  • きゅうり きゅうりは縁起物なの?と疑問に思われる方もいるかもしれません。きゅうりはその名前から「9つの利」をもたらしてくれるといわれています。

節分巻き寿司商品は下部画像リンク先からご購入いただけます

ご運節分巻き寿司2本セット ¥5,184(税込)

その他、二月の歳時記

立春

太陽の黄経が315度に達する頃(節分の翌日2月4日頃)を太陽暦で立春とされます。まだ寒さは厳しいですが、次第に木々も芽を吹き気温も上昇し始めます。旧暦では立春が一年の始めとされました。

初午(はつうま)

発祥は京都の伏見稲荷大社で各地に広がりました。二月最初の午(うま)の日でその年の五穀豊穣を祈り、油揚げや赤飯を供えます。農事に深く関わりのある稲荷信仰の祭りとされ、本来は春の農事を迎え山の神に豊作を祈る儀式でした。

記事一覧に戻る

  • instagram
  • twitter