京洛四季歴

二四節気「小雪」

小雪とは

北風の強さが増し冬が駆け足で近づいくるのがひしひしと感じられる季節となってまいりました。
11月22日~12月6日頃までの時期を24節気での「小雪(しょうせつ)」といいます。
北の方ではちらほらと雪の降るところも出てきますが、本格的に積もるほどではないため、
この時期は小雪といわれているようです。また、お歳暮の準備を始める丁度よい時期でもあります。

新嘗(にいなめ)祭

毎年11月23日、全国の神社で行われる五穀豊穣を祈る祭儀です。
伊勢神宮にて天皇が新穀を神に捧げて収穫を感謝し、自らも新穀を神からの賜り物として食します。「五穀」とは5種の穀物のことで「米・麦・粟・豆・キビ」を指します。

寒冷の京都の行事をご紹介します

献茶祭

京都市上京区の北野天満宮で12月1日に行われる行事です。
豊臣秀吉が天正15年(1587)に催した北野大茶湯にちなんでいます。
11月に行われた御茶壷奉献祭・口切式で奉納されたお茶が神前に奉納された後、
境内の茶室や七軒町に茶室が設けられます。

この時期おすすめの料理

合鴨鍋

※画像は盛り付けイメージです。実際の商品とは異なる場合があります

良質の合鴨ロース肉と、良い出汁の出る合鴨入りつくねを使用したこだわり合鴨鍋。
鍋野菜といっしょに自慢の出汁でぐつぐつ煮込んで、うどんと共にお召し上がりいただけます。
寒い冬に体の芯からぽかぽかと温める一品です。

御歳暮ギフトでも鍋商品多数ご用意しております。この機会に是非ご利用ください。

記事一覧に戻る

  • instagram
  • twitter