職人たちが手掛ける伝統の味

季節のご飯物(飯蒸し・蒸し寿司)

職人たちが手掛ける伝統の味、飯蒸し

飯蒸しとは、もち米を水に浸けて十分に水分を含んだあと竹皮や笹で包んで蒸し上げたものです。
飯蒸しは空腹を凌ぐ(しのぐ)という意味がある、「お凌(しの)ぎ」という懐石料理の献立の一つで使われます。
献立の中盤より前に組むことが多く、腹もちの良い食材で工夫した料理を少量出します。
それにちなみ、こちらの商品も1つ1つを手頃な量に仕上げています。
冷凍ですので、ご自身の都合に合わせてお召し上がりいただけます。

鱧とうなぎの飯蒸し

川魚料理屋ならではの季節の飯蒸し

京都の夏の風物詩である鱧を贅沢に使用しました。相性抜群の梅肉を添えてさっぱりと召し上がれます。
鰻は国産素材にこだわり、特有の風味が暑い夏にも食欲をそそります。
川魚料理屋の流れを汲む美濃吉ならではの素材を調理師の技で最大限に旨味を引き出し、季節の飯蒸しをつくりあげています。

お凌ぎ飯蒸し

山海の食材を堪能できます

国産の帆立や鯛などの海の幸や、牛肉や山椒などの山の幸を使いバラエティ豊かな飯蒸しを取り揃えております。
中でも牛肉・鯛・帆立の飯蒸しが入った定番のセットは一番人気の商品ですので、迷った際はこちらをおすすめいたします。

CAS冷凍

最新の冷凍技術を駆使

多くのお客様から「何度食べても美味しい」と愛されている飯蒸しですが、さらにおいしさを追求するため最新の技術を駆使しております。
徹底した品質管理と結晶を作らず冷凍できる新技術「CAS冷凍」で瞬間冷凍していますので製造から180日間日持ちできます。
素材本来の味わいをそのままに、ご自宅で料亭のあの味を再現できます。

4件中 1-4件表示
4件中 1-4件表示