4月の旬食材 桜花色の王様 鯛

鮮やかなピンク色の姿。桜便りが届くころ、旬を迎える真鯛は、古来より「桜鯛」と称された天下の美味です。
新入学など、まさに”めでたい”春のお祝いの席を彩ります。

3月から6月。産卵を控えた真鯛は、体の中に栄養をたっぷりと溜め込んでいるため、ぎゅっと旨味が濃縮。
引き締まった身は、淡白ながら風味豊かな味わいが持ち味です。
その格別な美味しさ、美しい姿は、万葉の頃より格調高い縁起物として珍重されてきました。
新鮮なままお刺身、塩焼き、鯛めしなど春のハレの席に、「桜鯛」の呼び名にふさわしい華を添えるのはもちろん、煮付け、フライに天ぷらと、千差万別の料理法で愉しめます。

鯛の桜蒸し

ふっくらと咲くように蒸しあがった鯛の身と馥郁とした桜の香り。
お口の中で、ほろりと上品にくずれるやわらかな食感は、はんなりとした京の春そのもの。
目にも晴れやか。お祝の膳にもお薦めです。

旬の食材一覧に戻る