6月旬食材 夏の贅沢をまるごと 鮎

西瓜のような独特の香気を持つことから「香魚」と呼ばれる鮎。
すらりとしなやかな姿や上品な味わいは、日本の夏の風物詩。
いよいよ解禁の声に、心がはやります。

清流に身を躍らせ、夏の太陽に銀鱗を反射させる若鮎の姿は、まさに「清流の女王」の名にふさわしい美しさ。
コケを餌にして育つので、独特の香気があり、食欲が誘われます。
その一生はわずか一年。
中でも六月の解禁から八月にかけては最も脂がのります。
串刺しにして、頭からほろ苦い内臓、その豊かな香りまでまるごと、この季節だけの贅沢を存分に味わいませんか。

鮎の塩焼き

川魚の王様と賞讃される鮎の風味を一層引き立てるたで酢でいただく贅沢な塩焼きです。
鮎が清流を泳ぎ上っている勇壮な姿をイメージして串を打つという「のぼり串」を打ちました。
ひれに化粧塩、全体に振り塩をした姿が涼感あふれるさわやかな印象に。
独特の香りとワタのほろ苦さに季節感が漂います。

旬の食材一覧に戻る