9月の旬食材 香り高き、秋の訪れ 松茸

大地の恵みを蓄えた豊潤な味と香り。
日本人の五感を虜にする、
秋の王者「松茸」の封印がいよいよ解かれました。

軸は丸みがありずんぐりと太く、色は淡い茶褐色。
傘はつぼみ、裏側のひだが白く美しいものがとりわけ美味。
他のきのこと違い、人工栽培のできない松茸は、アカマツ林の土の下で、
じっくり育ち、落ち葉の中からゆっくりと輪になって顔を出します。
松茸は昔から日本人の嗜好に合い、卑弥呼の時代より食されてきたほど。
掘りたてを新鮮なまま焼き松茸で、あるいは土瓶蒸しでと、珍重にして得難い「日本の秋」を今年もぜひ。

松茸の土瓶蒸し

「松茸」の味を「「鱧」がさらに引き立てる季節の出会いもん。
海老や銀杏など、海の幸と山の幸をいっしょに土瓶で蒸し上げた、松茸の代表料理です。
味はもちろんのこと、香りも見ためも贅沢にして風流。
まずはお猪口におだしを注いでひと口。
ふんわり松茸のかぐわしい香りが、うっとりと食欲を誘います。

旬の食材一覧に戻る