4月 京都山城 筍の若竹煮

筍とわかめをあっさりとていねいに煮たて、日本の春の風物詩ともいえるひと品です。
おばんざいとしてはもちろん、お弁当に用いたり、酒菜としても愉しみたい、心和む味。
「春定番の贅沢」を今年も、ぜひ。

天然鯛の桜蒸し

ふっくらと咲くように蒸し上がった鯛の身から、立ち上る桜の芳しい香り。
お口の中で、ほろりと上品にくずれるやわらかな食感は、
はんなりとした京の春そのもの。
目にも晴れやか。お祝いの膳にもお薦めです。

豆腐の三色田楽

京都では江戸時代から親しまれる田楽豆腐。
短冊状にカットした木綿豆腐を一度あぶって水分を飛ばし、
木の芽味噌、白味噌、赤味噌を塗って香ばしく焼き目を付けました。
豆腐と味噌との相性の良さをご賞味ください。

季節のお惣菜のご紹介一覧に戻る